お買い求めの前に必ずお読みください

■注意事項
●装着作業前に、必ず構成部品欄にて部品内容をご確認下さい。
●本製品装着作業に関わる関連部品の脱着、及び本製品の装着作業は、必ず専門知識、加工技術を持ち、工具類の揃った専門ショップで行ってください。
●本製品以外の部品は絶対に使用しないでください。
 本書の構成部品欄以外の部品を使用した為に発生した不具合、事故、破損などの損害につきましては、弊社は一切の責任を負い兼ねますのでご了承ください。
 なお、指示無き部品に関しましては、必ず各自動車メーカー指定の純正部品をご使用ください。
●本製品の仕様は、改良の為に予告無く変更する場合がございますので予めご了承ください。
■警告
取扱いを誤ると、人的に重傷または死亡、物的に重大な損害が発生する可能性があります。
●本製品装着の前には、必ずワイヤーブラシなどで車両側、ホイール側の取り付け面の土や砂、汚れ、錆などを充分に落としてください。
●本製品装着の際には、必ずトルクレンチを使用して確実に締め付けてください。【規定トルク=10~12kg-m】
●運転前、運転後には必ず締め付け確認(必要に応じて増締め)を行ってください。
●純正スタッドボルトの長さとスペーサーの厚みとの関係により、純正スタッドボルトがスペーサーの表面よりも突出する場合があります。
 ほんの少しでも突出する場合、ホイール側の取り付け面に「逃げ」が無いホイールは絶対に使用しないでください。
●「逃げ」があるホイールでも、純正スタッドボルトのスペーサー表面からの突出分を充分に逃がす深さが無い場合は、絶対に使用しないでください。
 また、ホイールにより「逃げ」の部分に刻印などが突出している物もございますので、そこに純正スタッドボルトが干渉しないことを充分にご確認ください。
●走行中に異常な音、振動、挙動を感じた時は、速やかに安全な場所に停止し、車両、スペーサーの点検を行ってください。
 また、その際に異常が発見できなかった場合でも、速やかに車両の使用を中止してください。
●タイヤ、ホイールに強い衝撃を受けた場合、スペーサーに無理な力が掛かり、そのまま使用すると変形、破損などを起こして事故に繋がる恐れがございますので、
 その様な状態での製品の使用は絶対にしないでください。
●スペーサーの厚さやホイールのオフセットなどの関係により、車両に装着できない場合(タイヤ、ホイールがフェンダーより突出したり、タイヤハウスに干渉するなど)が
 ございますので、必ずその様なことがないことを充分にご確認ください。
●スチールホイールは取り付け面が平面でない為、ご使用になれません。
●本製品は軸重が1,500kgを超える車両にはご使用になれません。
●ご使用になるホイールナットが袋ナットの場合、締め付けの際にスタッドボルトが袋の奥に底付きし、完全に締め付けができない場合がございますので、
 必ずその様なことがないことを充分にご確認ください。
 また、その場合は市販の貫通ナットをご使用ください。
●車両によりブレーキローター表面にビスなどが突出している場合がございます。
 その場合はビスなどを取り外しても支障が無いことを充分にご確認の上、支障が無い場合はビスなどを取り外してからスペーサーを装着してください。
 ビスなどが突出したままの状態でのスペーサーの装着は絶対にしないでください。
●本製品はディスクブレーキ車専用に設計されておりますので、ドラムブレーキ車にはご使用にならないでください。
 また、ディスクブレーキ車の場合でも車両側の取り付け面に凹凸がある場合はご使用にならないでください。
●テーパーナットを逆向きに取り付けないでください。
  
●本製品と車両側の取り付け面との間にスペーサーなどは絶対に入れないでください。
●本製品は競技専用部品です。
 一般公道では絶対にご使用にならにでください。
 また、クレーム返品などには一切応じ兼ねますので予めご了承ください。
●装着作業時の不備、本書を守らなかった為の不具合、または本製品を改造したり改造車へ取り付けた場合の故障、破損などにつきましては
 弊社は一切の保証を致しませんので、予めご了承ください。
●破損の原因となりますので、ホイール、スペーサーの脱着には絶対にインパクトレンチ、クロスレンチを使用しないでください。
 また、装着には必ずトルクレンチを用いて対角線の順序で2~3回に分けて規定トルクで締め付けてください。
●スライドドア車に装着する場合、スライドドアがタイヤ、ホイールに干渉して開閉できなくなる場合がございますので、タイヤ、ホイールのはみ出しにご注意ください。

Copyright©2012 DRJ co.,ltd. All Rights Reserved.